ニコレットで得られる効果

煙草をやめることによって健康的な生活を送れるようにして、老後の心配を減らしていきたいと考えるのがもっともな世の中になりました。それによって禁煙に取り組む人も増えてきていますが、しばしば禁煙には困難が伴います。煙草を吸いたいと思わせることになる成分としてニコチンが含まれており、ニコチンに対する依存が起こってしまっている人が多いからです。煙草が欲しいのではなくニコチンを摂取したいという状況になってしまっていることもあり、そういった際には煙草をたとえ毛嫌いするようになったとしても煙草を吸わざるをえないという状況にすらなってしまいます。ニコチンに対する依存症ができてしまうとそれほどまでに強力な効果が出てしまうことが多いのです。その際に禁煙に役立つのがニコレットです。ニコレットはニコチンを含んでいるガムであり、ニコチン置換療法と呼ばれる方法によって禁煙を達成することができます。ニコレットを使用することによってニコチンを身体に供給できるというのがニコレットの効果であり、ニコチンに対する依存症が問題になって煙草をやめられないという場合には、まずは煙草をやめるということができるようになります。それによって速やかに禁煙は達成することができるでしょう。ニコレットに対する依存症ができてしまうことになりますが、煙草に含まれている様々な有害物質の影響からはすぐに逃れられるようになるのが大きなメリットです。それから徐々にニコレットを減らしていってニコチン依存症を改善していけば完全な形で禁煙を達成することができるようになります。また、ニコレットはガムであることから、使用している間は煙草を吸いにくいというのも禁煙につながる副次的な効果です。

ニコチンの作用と依存

禁煙を目指してもついタバコを吸ってしまうのは、意思が弱いからではなく、タバコに含まれているニコチンの働きが原因です。ニコチンはタバコに多く含まれている成分で、依存性があります。人間の脳にはα4β2ニコチン受容体と呼ばれる受容体があります。これは、ニコチンが結合すると快感を感じる受容体です。タバコを吸うと、ニコチンが肺から血液に入り、そのまま脳に到達します。脳の中にあるニコチン受容体とニコチンが結合すると、快感を生じさせるドパミンと呼ばれる物質が放出されます。このドパミンの働きで、脳が快感を感じるようになり、繰り返しタバコを吸いたくなるのです。そのまま喫煙を繰り返しているうちに、タバコを吸っていないとイライラしたり集中力がなくなるといったニコチン切れの症状が現れ、それを避けるためにますますタバコを吸うようになってしまうのです。禁煙を始めたばかりの時期は、ニコチン切れの症状が強く出るため、ついタバコを吸ってしまいがちです。そんなときは、禁煙グッズを上手に利用するのが効果的です。禁煙グッズの1つがニコチンガムです。ニコレットなどが代表的な商品として販売されています。ニコチンガムは柔らかくなるまで噛んだ後、頬と歯茎の間にはさみ、粘膜を経由してニコチンを摂取し、症状を抑えます。ニコチンを摂取しているためタバコを吸っているのと同じ状態になると思うかもしれませんが、タバコのタールによる健康被害を防げると言うメリットがあります。ニコチンガムは使用量を徐々に減らしていき、ニコチン依存症を解消して完全禁煙を達成することを目的としています。普通のガムのように噛むと正しい効果が得られないので、正しい噛み方をマスターし、タバコを吸いたいと言う気持ちを抑えられるようにすることが肝心です。

ニコレット使用上の注意点

ニコレットは、タバコを吸いたくなったときに使用することで、その吸いたい気持ちを抑えることができる製品です。使い方は、ガムのように口に含んで噛むだけですが、ニコレットは医薬品であり、その禁煙症状を抑える仕組みのために、使用上の注意点があります。ニコレットは、ガムの中にニコチンが含まれた製品です。そのため、口に含んで噛むと、ニコチンが溶け出し、口の粘膜を通して血液中にこのニコチンが吸収されます。禁煙中にタバコを吸いたくなる禁煙症状が出るのは、血液中のニコチン濃度が下がることがその原因なので、ニコレットを噛むことでその濃度が上がり、タバコを吸いたくなる気持ちが緩和され、禁煙を続けることができる仕組みになっています。注意すべきは、口の粘膜からニコチンを吸収するために、ゆっくりと噛むことです。口の粘膜はニコチンの吸収速度が遅いからです。急いで噛むと、口の中に多量のニコチンが一度に溶け出してしまいます。すると、口の粘膜がその全てを吸収しきれないために、一部は唾液と一緒にいに流れてしまいます。すると、本来吸収すべきニコチンが吸収されないために、ニコレットが本来の効果を発揮できなくなる上に、胃の中にニコチンが流れ込むため、吐き気や胸やけといった副作用が発症する恐れがあります。ニコレットを使用するときには、最初に15回程度ゆっくりと噛み、口の中にニコチン特有のピリッとした味を感じ始めたら、噛むのをやめて頬の内側と下の歯茎の間に挟んでおきます。一分程度挟んでおいたら、再び15回程度噛み、また頬の内側と歯茎の間に挟むということを繰り返し、最低30分程度かけてゆっくりと噛むようにします。こうすることで、ニコチンをゆっくりと口の粘膜から吸収することができ、禁煙症状の緩和に役立ちます。