免税店で2ヶ月以内の手続きで得る還付とニコレット

たばこは高価なものであるということは喫煙者も禁煙者もよく知っていることであり、ヘビースモーカーともなるとたばこ税の増税は致命傷となったとも言わざるを得ません。少しでも安くたばこを手に入れたいと考えると、国内で手に入れるよりもより安く買うことができる海外に行って購入した方が賢いと考える人もいます。免税店で購入して手続きをすれば税金を還付してもらうことができるためであり、その条件や還付率などは国によって異なるものの、確かに安く購入することができる場合が多いのが事実です。たばこの価格はほとんどが税金であることから、それをなくすことができるというのはとても大きな経済的メリットになのです。シンガポールの場合には購入日から2ヶ月以内に申請を行えば免税を受けることが可能であり、購入品のレシートと未使用の購入品、免税書類、搭乗券、パスポートなどの必要書類を出国時に税関で手続きをすれば税金分を還付してもらうことができます。こういった仕組みが各国でとられていることから、各国に旅行に行った際には必ず煙草を買ってくるという人も珍しくありません。しかし、たばこ税が上がったことをきっかけにして、禁煙をすることを考えるというのも良い方法でしょう。たとえヘビースモーカーでニコチン依存症になってしまっている人でも現在では治療法があります。ニコレットを用いればニコチン依存症でも禁煙に安全に取り組んでいくことが可能であり、もし禁煙生活を実現できたらニコレットをやめていけばよいでしょう。その方が最終的には経済的メリットも大きく、何度も海外旅行のたびに免税手続きを行っていくよりも簡単で健康的な生活を送れるようになります。