事業所のタバコの影響による平均寿命とニコレット

日本人の平均寿命は長いということが知られていますが、男性は女性に比べて短い傾向があります。これは世界的に見ても明らかなことですが、日本の男性の平均寿命と女性の平均寿命との開きは大きく、それには原因があると考えるのが妥当です。その原因となっていると推定されるものの一つが喫煙の習慣です。現在、高齢者となっている人たちは戦後から日本の経済復興に大きな貢献をしてきた世代であり、平均寿命はそういった人たちの寿命が大きく影響しているのが事実です。各事業所に勤めて高度経済成長期を担ってきたのはほとんどが男性であり、その当時は男性が働いて女性は家事をするものという考えが当然の状況でした。事業所で働いていた男性の多くはストレスを軽減したり、仕事の能率を上げたりするために煙草を吸っていることが多かったのが事実です。そして、煙草を吸わない人もその事業所内で副流煙を吸って仕事をしていたでしょう。その長い間の煙草の影響を受けて、高齢になるにつれて女性に比べると様々な疾患を持ちやすくなってしまっていると推察することができます。それによって男性の平均寿命は短くなってしまいがちになっているのでしょう。そういった視点で男女の平均寿命の差をみると、長生きするために禁煙をしたいと思う人もいるはずです。そういった人に役立つのがニコレットであり、煙草をどうしてもやめられないと思った人ほど使ってみると良いでしょう。煙草に依存してしまう原因として知られるニコチンが含まれているニコレットを用いれば、その依存症があっても煙草をやめやすくなります。代わりにニコレットが手放せなくなる可能性はありますが、それもゆっくりとやめていけば禁煙が実現されるでしょう。