ニコレットの作用の機序と喉への注意について

禁煙を目的として行う禁煙外来で使用されたり、ドラッグストアなどで購入することができる禁煙補助薬にニコレットと呼ばれるものがあります。これはニコチンガムと呼ばれるものであり、タバコと同じように間で口の中に置いておくことにより緩やかにニコチンを摂取することができます。タバコを吸いたくなる機序としては、タバコに含まれるニコチンの依存性に関連していると考えられており、体内のニコチンが減ると欲しくなるという特性を持っているのです。そのためニコチンを摂取できるタバコから離れることができなくなってしまいます。そこでタバコ以外からニコチンを摂取するという方法で禁煙を行うのがニコチンガムであるニコレットの特徴です。禁煙補助薬とは言いますが、ニコチンガムにはニコチンが含まれていますので実質的にはタバコとかわりません。そのためニコチンガムを上手に使ってタバコからはもちろん、長期的にはニコチンガムも使用せずに済むようになっていかなければなりません。
そのような仕組みでニコレットは使われます。そのためニコレットの作用機序をしっかりと理解し、正しく利用することが必要です。ニコチンガムを噛み続けている限り、ニコチンによる依存症を脱することはできませんし、健康被害が出る可能性もあります。例えばニコチンガムを噛むと唾液が多く出るようになることが知られており、あふれる唾液は吐き出すことが推奨されています。ニコチンが大量に含まれている唾液を飲み込んでしまうと喉や胃が荒れる原因になることもわかっています。このような健康に害がある情報についてもしっかりと理解をして、ニコチンガムの効果を最大に発揮できるように上手に使うべきであると言えるでしょう。